よくある質問

相続税の申告後に新たに財産が見つかった場合、相続税はどうすれば良いですか?

申告後に新たに財産が見つかった場合、早めに対処すれば余分な税金を払わずに済むことがあります。

申告期限後にミスに気づいたり、新たな財産が見つかった場合でも、税務署からの通知が来る前であれば修正申告ができます。自主的に修正申告をすれば加算税がかからず、修正した分の相続税と納税期限後分の延滞税を追加で納めるだけで済みます。

ですが、相続税の申告後、税務調査が入った時などに誤りを指摘されると、加算税や延滞税がかかってしまいます。

一方、それとは逆に、申告期限後に、申告額が多すぎたことに気づいた場合は、更正の請求をすれば多く支払った税金は還付されます。更正の請求の期限は、法定の申告期限から5年以内となっていますが、申告後に遺産分割を行った場合などは請求の期限は4カ月となってしまいます。

申告額が少なかったにせよ、多かったにせよ、どちらの場合でも早めの対策が必要ということになります。

Tag : ,,
作成:
メールで問い合わせ 電話で問い合わせ