相続トラブル集

遺言書を書いてもらえない。

なかなか親に向かって、遺言を書いてとは言いづらいですよね。

「そんなに財産が欲しいのか」とか「そんなに早く死んで欲しいのか」とか勘違いされるケースもあります。
本当は亡くなった後の揉めることを心配してるだけですが・・
遺言を書いてもらうきっかけは、

  1. 近隣や親戚が遺産相続の分割でもめている。
    うちは兄弟で揉めたくないから、お父さん遺言書を書いてもらえないかな?
  2. 兄弟のうち自分が先に贈与を受けた時に。
    僕だけが先に贈与してもらってるから、兄弟で揉めたくないから遺言書いてもらえないかな?
  3. 自分からまず遺言書を書いて、親や夫に預け先を相談する。

遺言書は書いてもらうものではなく、まずは相続のトラブルについて理解してもらうことが大切です。
遺言書は、自分の財産をあげたい人、財産を守ってもらいたい人に託すためにあります。

Tag :
作成: