相続税対策

相続対策にはいろいろな方法があります

アミエル税理士法人では、円滑・円満に相続手続きを完了させたあとに、相続対策をおすすめしています。相続人として苦労した経験があれば、将来自分の相続人となる子供には苦労をかけたくないですよね。

このホームページ内でも相続対策をご説明していますので、ぜひ一度ご覧ください。遺言書の有無や推定相続人の数などによって有効な対策は異なりますので、くわしくはお気軽にご相談ください。

ピックアップコンテンツ

遺言書

相続が発生したとき、遺産の詳細、分配の方法を具体的に書面に残すことで遺産の分配がスムーズにできるのが遺言書です。遺言書の種類、遺留分などについてもご説明します。

生前贈与

通常は親(被相続人)が死亡したことを知ったときに相続が発生しますが、あらかじめ生前に遺産を分配しておく方法が生存贈与です。連年贈与、配偶者控除、住宅取得資金についてくわしくご説明します。

事業承継

相続税の負担がネックとなり後継者への事業承継をためらわれているみなさま、「経営承継円滑化法」をご存知ですか? これが適用される場合、後継者に課される相続税のうち、その株式に係る80%部分の納税が猶予されます。

生命保険

遺産が不動産のみといった場合、遺産をめぐる争いが起こりやすくなります。しかし、相続人が子供2人の場合には生命保険に加入しておけば、「不動産」と「生命保険金」の2つに分けることができます。