よくある質問

相続人が未成年者である場合何が違うの?

不幸にも未成年者のお子様を遺して逝かれてしまった場合、相続人全員が既に成人している場合と比べ、相続手続きが少し異なります。

未成年者は法律行為を行うことができないため、遺産分割協議に参加することができません。通常、未成年者が行えない手続きは親が子の代理となることが多いかと思いますが、遺産分割協議に関しては、存命中の親がいても代理人となることは認められません。もし親が子の代理人となると、子の分の遺産まで自分のものにできてしまうからです。よって子の代わりに特別代理人となる方は相続人以外でないといけません。他の親戚でもよいのですが、専門的な知識を持った弁護士や税理士に頼んだ方が安心といえます。家庭裁判所によって選定された特別代理人は、未成年者の利益となるように遺産分割協議に参加し、各種手続きを代行します。

また、相続税の計算においては未成年者控除があり、20歳までの年数×10万円が控除額となります。これは未成年者が成年するまでの養育費が考慮されたものです。

Tag :
作成: