相続トラブル集

実際にあった相続トラブルの事例集です。

トラブルを起こさないためのポイント

遺産分割協議書を!

相続を「争族」にしないためには、相続人全員でしっかりと話し合い、「どの財産が誰にわたるのか」を書面(遺産分割協議書)でハッキリと残しておきましょう。

生前からコミュニケーションをとる

親と子、兄弟・姉妹とのコミュニケーションの大切さを、相続の段階で気づかれる方は実に多いものです。お盆やお正月、冠婚葬祭のときに顔を合わせるのならまだしも、そういったタイミングにも会わないぐらい縁遠くなってしまうと、どうしても信頼関係が薄れてしまいます。

特別なことがなくても、「年に一度は会う」「電話をかけてみる」など意識的にコミュニケーションをとるようにし、何でも話し合える関係をつくっておけば、相続時に話がもつれることにはならないかもしれません。