最新の記事

家族が同時に亡くなってしまった場合の相続関係は?

交通事故や震災等で複数人のご家族が亡くなってしまい、死亡した順番が分からないことがあります。この場合、法律上は同時に死亡したと推定されます。

同時に死亡したと推定された場合、その方達の間では相続が発生しないこととなります。具体的に説明致しますと、両親と子のいない息子夫婦がいたとして、先に父親が亡くなれば財産は息子に、先に息子が亡くなれば財産は父親に相続されます。しかし同時に死亡したとなると両方の相続がなくなります。父親の財産は母親に全てが相続され、息子の財産は妻が2/3、母親が1/3を相続することとなります。

dojisibo1

このように、同時に死亡した場合息子は父親の財産を相続できませんが、息子に子(父親からすると孫)がいた場合は代襲相続という形で、祖父の財産を相続することが可能です。この場合父親の財産は母親が1/2、孫が1/2を、息子の財産は妻が1/2、子が1/2を相続することとなります。

dojisibo2

なお、同時死亡と推定されるのはあくまで死亡した順番が分からないときだけなので、事故死でも目撃者によって死亡した順番が判明していれば、通常と同様に二次相続という形になります。また、死亡原因が同じである必要はないため、看取られて亡くなった方のご家族が同時期に孤独死されていても同時死亡と推定されます。

 

関連項目

相続に関する問題とは?

血のつながった兄弟・姉妹であっても、親の遺産をめぐって争いになるケースは少なくありません(争族)。
生前に現金や不動産などの贈与が行われている場合や遺言が残されている場合には、比較的スムーズに遺産分割が進みますが、ご家族によって状況はさまざまです。

また、必要な法律的な知識などを把握しておく必要があるため、適切かつ円滑に手続きを進めていくことは一般の方にはなかなか難しいことです。
親(被相続人)が残した財産がどのくらいあるのかわからない場合には、調査を行って遺産を整理し、「どの財産を誰が相続するのか」を兄弟など法定相続人全員で話し合い、合意を得て進めていく必要もあります(遺産分割協議)。

相続は人生で何度も体験することではありませんが、手続きの仕方を誤ると、兄弟での相続トラブルを招くこともあります。
残された財産の内容や相続人の人数、遺言書の有無、生命保険の加入の有無などによって、手続きにかかる期間や必要なフローも異なってきます。

相談無料・安心の対応!

自由が丘と横浜にあるアミエル税理士法人では、お客さまとしっかり向き合い、一緒に相続手続きを行っていきます。
お客さまの立場に立ち、税理士の視点からご相談内容に合わせて柔軟かつ適切なサポートを行います。

◆相続税専門の税理士が在籍しています!
税理士によって得意分野は異なりますし、またお客さまとの相性もそれぞれ異なってくるものです。
当事務所は専門分野ごとに税理士が在籍しており、ご相談内容や税理士の得意分野、お客さまとの相性なども考慮して、もっともふさわしい税理士をお付けしています。
なお、相談は無料ですので、ご相談自体が初めてという方もどうぞ安心して自由が丘と横浜の当事務所へご連絡ください。

無料訪問相談を承ります。無料訪問相談についての詳細はこちら

対象エリア

東京
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • その他 東京都内
神奈川県横浜市
  • 青葉区
  • 旭区
  • 泉区
  • 磯子区
  • 神奈川区
  • 金沢区
  • 港南区
  • 港北区
  • 栄区
  • 瀬谷区
  • 都筑区
  • 鶴見区
  • 戸塚区
  • 中区
  • 西区
  • 保土ケ谷区
  • 緑区
  • 南区
神奈川県川崎市
  • 川崎区
  • 幸区
  • 中原区
  • 高津区
  • 宮前区
  • 多摩区
  • 麻生区